着付けは美容師の仕事ではなくなってきている

着付けの仕事というと「美容師さんの仕事なのでは?」と思う人が多いのではないかと思います。
実は、着付けの仕事に従事している人のほとんどが美容師資格を持たない、普通の一般人です。

成人式、卒業式など近所の美容室で仕度をしていた時代から、レンタル業者が一括してヘアメイクから着付けまで行う時代に変わり、美容と着付けが分業化されました。

そのことにより、着付けの仕事の専門性が高まっています。

着付けは着付けのプロに

今の時代、美容師のサロンワークに加えて着付けも一流という美容師を探す、探せたとしても流動性の激しい美容業界ではハイレベルな人ほど雇用し続けることが困難です。
そこで多くの企業、美容室が着付けは着付けのプロに任せることをしています。

美容室が着付けを外注していることが美容師業から着付けが分業された証明と言えます。

実力勝負の美容業界、当教室の指導とあなたの努力と行動でプロとしての地位を確立することも夢ではありません。

「専門家になる」、ということはけして楽な道ではありませんが、当教室ではそんなあなたの決意を誠心誠意のサポートをしていきます。

共にプロの道を歩んでいきましょう。

お申込み・お問い合わせは、メールフォームより受け付けております