• これから着付け師になりたい
  • 着付けの仕事をしてみたい

という人にとって「着付けで得られる収入」は一番知りたいところではないでしょうか。
大事なことですので私の経験、考えも含めてお話ししたいと思います。

※ここでいう「着付けの仕事」とは人に着物を着せる場合とします。

着付けの仕事が出来る主な職場

着付けの仕事が出来る職場というと

  • 結婚式場
  • 写真館
  • 貸衣裳店(着物レンタルショップ)
  • 美容室

などが代表的な職場です。

一般的に結婚式場で仕事をするには高技術を求められることが多く、就職も難しいとされていて「結婚式場で着付けをしていた」という実績は高く評価されることが多いです。逆に、写真館、貸衣裳店などは「未経験可」などハードルが低く、就職もしやすい職場といえます。

基本的に「技術が出来ること前提」で給与が支払われますので「経験」が高く評価される業界です。

着付けの仕事の給与・待遇・職場環境

さて、気になる給与などの待遇ですが

【給与形態】8割が時給
【相場】最低賃金~1500円前後

だとお考えください。

「1500円ならいいんじゃない?」

と思いきや1時間で終わりなんてこともあります。

こども写真館や成人式の前撮りの現場などでは

土日・祝の出勤はマスト!
繁忙期の勤務開始から終了まで休憩ほぼ無し!

の勢いのところもありますし、成人式など、深夜から勤務開始する現場では酷いところは宿泊もなくざこ寝(荷物と同じ扱い)なんて仕事もあります。公共の交通機関が無い時間に出勤するのにタクシー代すら出そうとしない企業もあります。

そんな仕事です。

憧れの着付けの仕事は重労働・低賃金・低待遇

着付けの仕事、「人に着付ける」だけでは生活していくほどの収入はなかなか得られません。

「お金を稼がなければならない」という人はやめておくべきです。

というか絶対やめた方が良いです(笑)

そもそも、そんなに稼げない仕事だということを教えないで「資格を取ってプロになろう!」とか「好きなことを仕事に」っておかしいとは思いませんか?

大金を払って着付け教室に行って資格を取って仕事に行ってみたら「こんなに稼げないなんて思わなかった」では詐欺に近いので当教室では敢えて現実を伝えたいと思います。

着付けを取り巻く業界はブラック

着付けに関する仕事は「美容業界」、「着物業界」と深くつながっていますがこの業界自体がかなりブラックです。求人では多くの企業やお店が

「一生に一度の晴れ姿をお手伝いできる」
「感動の瞬間に立ち会える」

などと「やりがい」をアピールし、過酷な労働条件を隠して求人しています。
(結果続かないのでそういうブラックなお店や企業は常に求人広告を出しています)

最初はやりたい、憧れで「好きな着付けが出来るから」と

続けられる純粋な人たちが酷使されいます。
身体を壊したり(手を痛めたり)して、着付けの仕事から去っていく人たちもあれば、私のように独立する人もいます。

好きな着付けが出来るならお金は貰えなくてもいい?

「好きな着付けが出来るならお金なんて」という人もいますがそのような考えの人が一流であるとは考えにくいですよね?

代表である私鈴木もフリーランスですが、フリーランスとして着付けを仕事にしていきたいのでしたらこのような「好きな着付けが出来るならお金はいらない」という人たちと何が違うのかを企業に掲示出来なければならないのです。

お稽古の延長で着付けの仕事をしている人とプロとして報酬をもらえる人には決定的な大きな差があるのです。

それでも着付けの仕事をしてみたいあなたへ

そんな業界でも私のように生業としている人もいるのでやり方次第というところもあります。
着付けの仕事の最大の魅力は

・仕事を通じてたくさんの感動や幸せに出会えること
・自分のこの手で結果を出すことの難しさ

など大きなやりがいもありますが多くの刺激を受け、「もっといい仕事をしたい」と技術者としての成長にも繋がるし、人間としても成長していけるという魅力もあります。

個人的な印象ですが着付けの仕事をしたい人は自分を犠牲にしても人の役に立ちたいという精神を持った人が多いような気がします。あなたの「着付けを仕事にしたい」という崇高な決意を無駄にしない為にも

・着付けの仕事で収入を得ることは容易ではない
・着付けを取り巻く労働環境は実は過酷

ということを承知の上で、着付けの仕事とというものを考えてみてください。

それでも「着付けを仕事にしたい」という想いを持っているのでしたら当教室はあなたのお役に立てると思います。

お申込み・お問い合わせは、メールフォームより受け付けております