officeクラシカルが選ばれる3つの理由

1.はじめから他装が学べる着付け教室

ほとんどの着付け教室が「初級コース」などを受講してから「プロコース」に進むというカリキュラムを組んでいて、段階を追わないと人に着付ける「着付け」の勉強にたどり着くことが出来ません。

”仕事にしたい” ”仕事として必要”

という方にとっては今すぐにも勉強したいところです。当教室では誰にでもすぐに人に着付ける「着付け」を学ぶことが出来ます。

2.短期集中であること

着付けは何年、何十回と通っても上手くなりません。

”美しく見えるポイント”

”仕事において何が評価されるか”

の2点に集約し、無駄を省いたオリジナルカリキュラムでピンポイントで解説・指導します。

最短3ヶ月で着付けの技術をマスター。

「いつになったら着せられるようになるの?」というカリキュラムではありません。短期で必要なことだけを学ぶことが出来るとご好評をいただいています。

3.資格はいらない!欲しいのは実力!

実力勝負の仕事である現実とは逆に、多くの着付け教室では「資格取得」ばかりが優先されています。しかし、現場で求められるのは「実力」であり、「資格」ではないという現実があります。私自身が経験し、強く感じてきた「着付けの勉強はお金ばかりがかかって得られるものが少ない」という現実をひっくり返したいと考えています。

着付け教室で一通りのことは学んだけれど

”プロとして通用する着付けの技術を学びたい”
”もっとスキルアップしたい”

そんな普通の着付け教室に限界を感じている方に選ばれています。

着付けの仕事をしたいという方たちへ

はじめまして、着物着付けビジネス塾officeクラシカル代表の鈴木麻記子です。私がこのような教室を開設した理由に、私自身が着付け(他装)の技術を学ぶのに大変苦労した経験があります。本当に着付け(他装)の勉強をしたい、プロを目指す人たちの近道を作りたい、そんな思いで立ち上げました。代表

“他装の技術だけを学びたい”
“プロとして通用する着付けを学びたい”
“大手の着付け教室には行きたくなかった”

当教室にはこのようなお悩みを持った着付け経験者が受講をしています。「必要なことだけを教えてくれる着付け教室をやっと見つけた」という声もいただいています。

人に着付けることはビジネス

いわゆる着付け教室はカルチャー教室であって、プロとしてお客様に着付けをする技術、仕事のノウハウまでは教わることが出来ません。

そして技術を教えられる着付け教室はたくさんありますが、当教室では、仕事をしていく上での知識、「ビジネス」も学ぶことができます。
ビジネスを学ばずに看板や資格だけを手に入れた結果、人に着物を着せられるようになったとしても

  • いざ、仕事をしてみたけど通用しないから勉強し直す
  • 成人式、卒業式などシーズンにしか仕事が無い
  • 個人で始めたが、片っ端から知り合いをお客さんにしている
  • 安くしないとお客さんが来ないと思っている

という状態に陥っている人がたくさんいるのが現状です。
当教室で学ぶことで技術だけではなく、お客様の満足を獲得するための技術・知識(仕事の見つけ方、クライアントとの値段交渉の仕方など)も伝えています。

「ビジネス」も学び、独自で考え、判断し、行動出来る人間になって欲しいと思います。それこそが「独立」と考えています。

「着付けを仕事にする」あなたの理想の世界を手に入れましょう。

同じようなお悩みを持った方がいらしたら、思い切って当教室の門をたたいてください。
お悩み解決の手助けになれるよう、一緒に悩み、考え、サポートしていきたいと思います。

未経験からスペシャリストになれるチャンス

着付けは美容師の仕事ではなくなってきている

着付けの仕事というと「美容師さんの仕事なのでは?」と思う人が多いのではないかと思います。
実は、着付けの仕事に従事している人のほとんどが美容師資格を持たない、普通の一般人です。

成人式、卒業式など近所の美容室で仕度をしていた時代から、レンタル業者が一括してヘアメイクから着付けまで行う時代に変わり、美容と着付けが分業化されました。

そのことにより、着付けの仕事の専門性が高まっています。

着付けは着付けのプロに

今の時代、美容師のサロンワークに加えて着付けも一流という美容師を探す、探せたとしても流動性の激しい美容業界ではハイレベルな人ほど雇用し続けることが困難です。そこで多くの企業、美容室が着付けは着付けのプロに任せることをしています。

実力勝負の美容業界、当教室の指導とあなたの努力と行動でプロとしての地位を確立することも夢ではありません。

「専門家になる」、ということはけして楽な道ではありませんが、当教室ではそんなあなたの決意を誠心誠意のサポートをしていきます。

共にプロの道を歩んでいきましょう。

お申込み・お問い合わせは、メールフォームより受け付けております